あるとほ〜とする置き薬
家族の健康に便利な家庭薬を 
有限会社イシイ薬品ハイチネット
新潟県魚沼市青島643-9
ハイチボックス
救急犬きゅう太

葛根湯(漢方薬)

漢方製剤・かぜの肩こり、頭痛、鼻かぜ

葛根湯(漢方薬)
葛根湯(漢方薬)
葛根湯(漢方薬)
服用に際して、この説明文書を必ずお読みください。
また、必要な時に読めるよう大切に保管してください。
第2類医薬品

漢方製剤 葛根湯エキス顆粒(大峰)

 使用上の注意

してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用がおこりやすくなります。)
短期間の服用にとどめ、連用しないで下さい。
相談すること
1、次の人は服用前に医師又は薬剤師等の専門家に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
むくみ、排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害

2、次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後、次の症状があらわれた場合

関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
消化器 悪心・嘔吐、食欲不振
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称 症状
肝機能障害 全身のだるさ、黄だん(皮膚や白目が黄色くなる)等があらわれる。
偽アルドステロン症 尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。
(2)5〜6回服用しても症状がよくならない場合

効能又は効果

カゼの初期、かぜによる頭痛・肩こり、鼻かぜ

用法及び用量

次の量を1日3回、食前又は食間に、水又は白湯で服用して下さい。
年齢 1回量 1日服用回数
成人(15才以上)
15才未満7才以上
7才未満4才以上
4才未満2才以上
1包
2/3包
1/2包
1/3包
3回
2才未満 服用しないこと

<用法用量についての注意>
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分・分量

葛根湯エキス顆粒(大峰)の1日量(3包(1包2.0g))中に下記生薬より得た葛根湯エキス粉末3600mg含む。
カッコン・・・・・・・・・・・・6.0g
マオウ・・・・・・・・・・・・・3.0g
タイソウ・・・・・・・・・・・・3.0g
ケイヒ・・・・・・・・・・・・・2.25g
シャクヤク・・・・・・・・・・・2.25g
カンゾウ・・・・・・・・・・・・1.5g
ショウキョウ・・・・・・・・・・0.75g

保管及び取り扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない、涼しいところに保管してください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用して下さい。
(5)配置期限の過ぎた製品は服用しないでください。

配置販売のページに戻る