あるとほ〜とする置き薬
家族の健康に便利な家庭薬を 
有限会社イシイ薬品ハイチネット
新潟県魚沼市青島643-9
電話番号025-792-5922
ハイチボックス
救急犬きゅう太

麻杏甘石湯
漢方製剤・せき・ぜんそく

添付文書

この添付文書は、本剤をご服用になる前に、かならずお読みください。
また、ご服用になる間は、いつでも読めるよう保管しておいてください。
第2類医薬品

漢方製剤 麻杏甘石湯エキス顆粒

「麻杏甘石湯」は、”せき、ぜんそく”に用いる代表的な漢方処方です。
本処方は、咳こむとき、顔面に赤味がさし、のどが乾き、痰が濃くなり、ゼーゼーという呼吸音はするときに適応します。
「ニタンダ麻杏甘石湯エキス顆粒」は、かぜ等によるせき、ぜんそくに効果があり、特に小児のぜんそくにも効果があります。

<特徴>1、本剤中に麻杏甘石湯エキスが、現在厚生労働省で認められている最大量配合されています。
2、新しい製法により、ふうんわりとした顆粒に仕上がり、大変溶けやすくなっています。

 使用上の注意

相談すること
1、次の人は服用前に医師又は薬剤師等の専門家に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)で、軟便下痢になりやすい人。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)次の症状のある人。
むくみ、排尿困難
(8)次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害

2、次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後、次の症状があらわれた場合

関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
消化器 悪心・嘔吐、食欲不振
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称 症状
偽アルドステロン症 尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。
(2)1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合
3、長期連用する場合には、医師又は薬剤師等の専門家に相談してください。

成分・分量

1日量3包(6g)中に麻杏甘石湯乾燥エキスが2.4g含まれています。
マオウ(麻黄)・・・・・・・・・・・・・4.0g
キョウニン(杏仁)・・・・・・・・・・・4.0g
カンゾウ(甘草)・・・・・・・・・・・・2.0g
セッコウ(石膏)・・・・・・・・・・・・0.5g より抽出

効能又は効果

せき、ぜんそく

用法及び用量

次の1回量を1日3回、食前又は食間、なるべく空腹時に服用して下さい。
食間とは・・・食後2~3時間を指します
15才以上・・・・・・・・・・・・・1回1包
7才以上14才・・・・・・・・・・・1回2/3包
4才以上6才・・・・・・・・・・・・1回1/2包
2才以上3才・・・・・・・・・・・・1回1/3包
2才未満・・・・・・・・・・・・・・服用しないこと
<用法用量についての注意>
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

保管及び取り扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない、涼しいところに保管すること。
(2)小児の手の届かないところに保管すること。
(3)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用して下さい。
※本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので、原料の相違により、顆粒の色が多少異なることがありますが、効果には変わりありません。

配置販売のページに戻る