日本置き薬協会新潟県支部 〒946-0043新潟県魚沼市青島643−9,日本置き薬協会 〒102-0093東京都千代田区平河町2−5−5全国旅館会館4階

トップページ>改正薬事法に対応した現況と動向について

日本チエーンドラックストア協会宗像守事務総長の講演改正薬事法に対応した現況と動向について 

日本置き薬協会定期総会が2007年6月15日ルポール麹町会館にて開催され、来賓として日本医薬品登録販売者協会の鎌田伊佐緒会長、日本薬業研修センターの川島光太郎所長らが出席した。そして、「改正薬事法に対応した現況と動向について」日本チエーンドラックストア協会宗像守事務総長が講演しました。
講演の中で、「従来の配置薬の役割は終わりを迎えている。配置販売業にあらたな価値・役割を創造して、配置販売業を新たな制度に持ち込んでいかない限り配置販売業の存在はむずかしい。消費者・生活者に支持され、配置販売業の役割が国の制度の中に盛り込ませられるか否かにかかっている。日本置き薬協会が「配置」に新たな役割を創造し新たな制度にまで持ち込む行動力に期待している。」と語った。

日本医薬品登録販売者協会の鎌田伊佐緒会長、日本薬業研修センターの川島光太郎所長挨拶

自民党日本置き薬議員連盟議員が次々と会場を訪れ挨拶をした。山崎拓会長をはじめ議員本人が27名、秘書などの代理人41名が訪れた。

 戻る

サイト管理者:石井健友 メールアドレスinfo@haichi-net.co.jp