自然ゆたかな魚沼地方
尾瀬 銀山平 奥只見 小出
有限会社イシイ薬品ハイチネット
新潟県魚沼市青島643-9
魚沼心の駅
うおぬま探検隊(魚沼探険隊)は、魚沼地方のお祭り、行事、イベント、人気スポットなどを写真で紹介します。また、魚沼地方在住の方のホームページ・ブログページなども紹介しています。
魚沼探険隊(魚沼探検隊) 携帯電話はこちらから
心の傘スタンド設置
心の傘をみつけたら 幸せがやってきますよ! 心の傘が、いろんな人のところに旅をして、ホッとするような出会いを繰り返していくイメージです。 傘スタンドに帰ってくるまでに、素敵な人と人の出会いの物語が聞こえてきそうですね。

東日本巨大地震支援活動

NPO法人おぢや元気プロジェクトは、 出来るだけ隙間なく物資を詰め込んで被災地にいきたいと思います。

新潟県
にいがた出会いサポート事業
ときめきHeart白い恋人たち

真剣に結婚したいと考えているあなた!おぢや元気プロジェクトがすてきな出会いの場をサポートします。
よりみち大学

里山再生よりみち大学

「里山再生よりみち大学」は、NPO特定非営利活動法人小千谷元気プロジェクト(若林 和枝 代表)が内閣府の平成20年度『地方の元気再生事業』に応募し、選定され、実現しました。初代学長に長岡技術科学大学教授丸山暉彦先生を迎え、新潟県川口町田麦山地区旧田麦山小学校(平成20年3月閉校)をキャンパスにして11月22日・23日に1回目の授業がおこなわれました。
子ども元気フェスティバル

子ども元気フェスティバル

「子どもの本当の笑顔が見たい」を合い言葉に、子どもの健全育成・子育て中の保護者の心のケアを目的にした活動です。幼児・児童と、その保護者を対象に、地域企業・地域ボランティアの皆様の協力を得て、 NPO法人おぢや元気プロジェクトが主催しています。
尾瀬ケ原

魚沼地方は尾瀬の玄関口

2007年8月30日、新たに尾瀬国立公園が指定されました。
魚沼市は尾瀬の玄関口、JR浦佐駅から定期バス→定期船→定期バスを乗り継いで徒歩50分、尾瀬沼まで日帰りが楽しめます。
只見線

只見線は鉄道マニアの人気スポット

只見線は鉄橋の多いローカル線で、おのおのの季節に臨時列車が走ります。冬期間は、雪の影響で運休が多い路線ですが、カメラを携えた熱心な鉄道マニアが乗っています。
ものずき村

ものずき村

「ものずき村」は、小出から会津に続く60里越、国道252号線沿いにあります。魚沼地域で収穫された物・生産された物を地域の人々が持ち寄り販売しています。
闘牛

しなさかる古志の闘牛大会

旧山古志村池谷で5月4日闘牛大会が4年ぶりに行われ、久しく観覧して来ました。今回は天候にも恵まれ大勢の人出で、駐車場に入りきらない車の列が道脇につながりました。山古志は過疎が進む山村ですが今日ばかりは豊かな自然と人情が満ちあふれていました。
鮭一括捕卵場

鮭一括捕卵場

毎年10月には、魚沼市伊勢島に、鮭を捕える大がかりな積が作られます。川向こうに見える建物は、魚沼漁業共同組合鮭鱒捕卵場です。上空には鷹・鷲・烏が鮭を狙っています。浅瀬では、鷺がいます。
魚野川鮎釣り

魚野川 鮎釣り

魚野川では鮎釣りが楽しめます。
山桜の箸

山桜の箸

新潟県川口町木沢の阿部和雄さんが山桜の枝で作った箸は、阪神淡路大震災の被災者と新潟中越大震災の被災者の交流の橋渡し役を担いました

木沢よりあいっこ祭り

新潟県川口町木沢区では、戸数が35軒に減少した中で、集落の維持管理・環境整備などに限界を感じつつも、2009年11月22日、朝霧の宿・やまぼうし体育館(旧木沢小学校)にて「よりあいっこ祭り」が行われました。

(朝霧の宿)やまぼうし

長岡市川口地区体験交流センター「(朝霧の宿)やまぼうし」(旧木沢小学校)は、宿泊施設を備えた木沢地区の情報発信基地です。 廃校になってしまった木沢小学校を改装して地域の交流センターとして生まれ変わりました。

よりみち農園

2010年5月23日「よりみち農園」の田植えがおこなわれました。田麦山自然塾生 長岡技術科学大学ボランティアサークルVOLT of NUST おぢや元気プロジェクト会員などが参加しました。

ちんちん亭

地元で人気のらーめん屋さん「ちんちん亭」のご協力を得て、被災者全員にらーめん無料券をさしあげることができました。
復興に欠かせないのは地域のコミュニティー。 NPO法人おぢや元気プロジェクトは、福島県いわき市小浜海岸に心の駅をつくりました。地元の人たちが気軽に集まっていろんな話をするこで、再起のパワーが生まれる。 小浜心の駅は福島民報で紹介されました。
2011年11月12日(土曜日)、小千谷市商工会議所が主催する「おぢやこいこい100円笑店街」に本町の空き店舗を利用して南相馬市物産展を開催いたしました
長岡市川口木沢地区に木沢里山食堂があります。この土、この水、この空気でつくりだされる、お口にも身体にも美味しい里山のごちそうをお召し上がりください。

日食の観測会(新潟県魚沼市)

2012年5月21日、新潟県魚沼市青島地区で近所の人が集まって部分日食の観測会をしました。東京では金冠日食になるのですが、こちらでは最大食92.9%、天候は晴。
小出雪まつり

小出雪まつり(2月第2の土日)

小出雪まつりのメインイベントは、20回を迎える国際雪合戦大会です。響きの森公園内”雪のコロシアム”会場では多数のチームが戦いました。
その他、コスチューム&パーフォーマンス大会、FMXバイクショーなどがおこなわれました。
ジャンプ台

桜・つつじ祭り(5月5日)

毎年5月5日は小出商工会川西支部最大の行事、桜・つつじ祭りが小出公園でひらかれます。
しねり弁天たたき地蔵まつり

しねり弁天たたき地蔵まつり(6月30日)

毎年6月30日は、しねり弁天たたき地蔵まつりが魚沼市小出地区の諏訪町・稲荷町でおこなわれます。クライマックスには、地蔵様から新婚カップルを乗せた「金精様」をみんなで引っ張って弁天堂に向かいます。 しねってご利益$$$ たたいてご利益$$$
小出祭り

「結」8万8千の雪灯り(2月26日〜3月7日)

魚沼市民4万4千の願いをこめた8万8千の灯りが冬の夜空を美しく彩ります。
小出祭り

小出祭り(8月25日〜27日)

魚沼市内には諏訪様を祭っている神社が多く毎年この時期にお祭りがあります。

青島ファーム

魚沼市青島地区の青島ファーム(農事組合法人)は、農林水産省のガイドラインに則って、魚沼産コシヒカリを減農薬減化学肥料栽培しています。
魚沼方言かるた

魚沼方言かるた

魚沼市文化協会は、魚沼市に伝わる方言をかるたにしました。読み句は応募数2,818句の中から選ばれた45句です。読み手CDが同梱されていますので、1人でも楽しめます。さらに、魚沼市の各地に伝わる昔ばなし(6話)を楽しむこともできます。

越後魚沼発動機動楽

動かない発動機を整備して動かすのが男のロマンで、古い機械で動かすのに骨が折れるほど楽しく、壊れた部品は手づくりして油だらけになりながらも必ず動かす。

観音様の模刻に挑戦

関勝雄氏(新潟県南魚沼市五箇 在住)は、稼業の関建築事務所の仕事のかたわら、2009年5月から観音様の模刻を楽しんでいます。

五色灯籠制作

お寺の行事で使用される五色幕(緑・赤・黄・白・青)からヒントを得て新潟県南魚沼市在住の小幡富夫氏は、五色灯籠の制作をしています。

木工細工 うしき屋

うしき屋の爺様(南魚沼市在住)の木工細工は、仲間内で評判です。南魚沼市内では玄関に飾っているお家がたくさんあります。
南魚沼グルメマラソン

南魚沼グルメマラソン

2011年6月12日、第2回南魚沼グルメマラソンが八色の森公園で行なわれました。
nhk大河ドラマ上杉景勝・直江兼続生誕の地

nhk大河ドラマ上杉景勝・直江兼続生誕の地

浦佐城趾が整備されました。20分で実城跡まで登れます。
浦佐裸押し合い祭り

浦佐裸押し合い祭り

2004年1月16日「浦佐毘沙門堂の裸押し合いの習俗」が「記録作成などの措置を講ずべき無形の民族文化財」に指定されました。
毎年普光寺境内の毘沙門堂で3月2日から3日にかけて開かれています。
菊まつり

第22回浦佐菊まつり

平成19年10月29日から11月10日まで南魚沼市浦佐普光寺境内で開かれています。
地元の菊愛好家をはじめ、遠くは長岡市からの参加があります。
菊まつり

山岳耐久マラソン健康歩こう大会

浦佐旅館組合が始めた、山岳耐久マラソン健康歩こう大会は今年で20周年2000名を超える参加者を集めています。

八海山大火渡り祭

10月20日新潟県南魚沼市大崎八海山尊神社 にて火渡り大祭が行なわれます。

古代米稲アート実行委員会

南魚沼市はコシヒカリの本場産地。しかし、おいしいお米作りには終わりはありません。常にたゆまぬ努力と愛情を米て。

第23回越後松代冬の陣

平成22年正月以来、冬将軍の手にある越後松代城をその手から奪い返し、城下に春を呼びたく戦士を募るもの也。幾多の難関を乗り越え、見事1番で入城を果たしたるものを、1年間、松代城主として迎えたく候。

國安(くにやす)

ここは、古民家で、6月下旬は周辺に蛍が沢山飛び交う素敵なところです。料理も、海・山の幸がお洒落に出てきます。お酒も全国の美味しいものがそろっています。おかみさんとご主人は都会からこちらへ移住された方で、会話のセンスが素敵な方です。実家に帰ってきたような、自由な雰囲気です。大切な人に教えてあげたいお宿です。

戻る