自然ゆたかな魚沼地方
尾瀬 銀山平 奥只見 小出
有限会社イシイ薬品ハイチネット
新潟県魚沼市青島643-9
魚沼心の駅
うおぬま探検隊>子ども元気フェスティバル
「子どもの本当の笑顔が見たい」を合い言葉に、子どもの健全育成・子育て中の保護者の心のケアを目的にした活動です。幼児・児童と、その保護者を対象に、地域企業・地域ボランティアの皆様の協力を得て、 NPO法人おぢや元気プロジェクトが主催しています。
第4回魚沼子供元気フェスティバル
2010年5月15日(土曜日)午前9時30から魚沼市北部ふれあい公園にて第4回魚沼子供元気フェスティバルを開催しました。
昨日までの冷たい雨が嘘のようにすがすがしい五月晴れになり、350人の家族づれでにぎわいました。 大平市長もご主人と遊びにきてくれました。
第4回魚沼子ども元気フェスティバル予定表

 9:30        受付開始
11:00〜11:30 子どもむけマジックショー(1回目)ラッピー佐藤・ラッピーネネ
12:00〜13:00 昼食 カレーライス300食
13:00〜13:30 子どもむけマジックショー(2回目)ラッピー佐藤・ラッピーネネ
13:30〜      1000人ジャンケン・ガラポンでゲットしようお楽しみ賞品
☆大湯温泉 村上屋旅館 無料入浴券30枚
☆奥只見観光 無料遊覧招待券20枚
☆湯之谷交流センターユピオ 無料入浴券20枚
※メモ帳 100冊 ※雑誌の付録20点 ※その他

内容
・世界に一つだけの絵本づくり
・荷造り紐でお魚づくり
・オリジナルうちわづくり
・竹馬
・竹とんぼ
・水ヨーヨーすくい
・さかな釣り
・リング飛行機づくり

後援:魚沼市教育委員会 ・(財)山の暮らし再生機構 ・新潟日報社 ・越南タイムス ・小出郷新聞社
協力:(財)魚沼市地域づくり振興公社 ・ジャスコ小千谷店 ・NPO法人うおぬま交流ネットワーク ・お好み焼きふうや ・(株)三友組 ・共同麺業(資) ・長岡技術科学大学ボランティアサークルVOLTofNUST


新潟わざおぎメンバーによる演奏

2009年5月9日(土)行われた魚沼子ども元気フェスティバルのようすを紹介します。
お昼ご飯として用意されたカレーはお鍋に3杯、お米は50キログラム。みんなで全部いただきました。


大学生によるパーフォーマンス
日 時:平成21年5月9日(土曜日)午前9時30分〜午後2時
会 場:北部ふれあい公園(雨天の場合は北部公民館)
参加費:無料
内 容:小物入れ作り、オリジナルうちわ作り、世界で一つだけの絵本作り、コマ・竹馬・竹とんぼ・紙飛行機遊び

協 力:ジャスコ小千谷店、レストラントンキー、塩沢信用組合小出郷支店、村上屋旅館、ふうや、共同麺業(資)、ヤマノブックサービス
後 援:魚沼市教育委員会、新潟日報社、越南タイムス、小出郷新聞社、日本財団、(財)山の暮らし再生機構、中越復興市民会議、よりみち街道「中越」クラブ

魚沼市市制施行5周年記念事業

第3回魚沼子ども元気フェスティバルは、魚沼市市制施行5周年記念事業に取り入れられ、大平市長が子どもたちの笑顔を見にきます。
当日の昼食は今年も腕によりをかけておいしいカレーライスを用意しています。もちろん無料です。たくさん食べてみんなで元気に遊ぼうね〜!!