私たちは、新潟県中越大震災を経験し、人と自然が共生することの重要性
を学ぶとともに、都市と里山の深いつながりについて再認識しました。そのよ
うな経験を通して、里山の環境を見つめ直すことにより、古き良き時代の里山
の暮らしの智恵や人のつながりから、現代社会の環境問題・社会問題に対し
ての尊い学びを得られると考えています。
  実際の里山というフィールドを活用し、里山生活の智恵や経験、自然との
付き合い方などを学び、現代社会における里山地域の重要性を考えていくた
めに「里山再生よりみち大学」を開校するものです。
  また、このような取り組みを通して増えつつある廃校の利活用に一石を投
じるとともに、受講生自らが人生の“よりみち”や“みちくさ”を通じ、生き甲斐の
醸成、都市と里山地域の交流による中山間地域の維持、さらには、活性化を
図ることを目指します。
理事長
若林和枝(ワカバヤシ カズエ)
・おぢや元気プロジェクト代表
顧問
鎌田豊成(カマタ トヨシゲ)
・長岡造形大学前学長
 同学名誉教授/造形アーチスト
代表世話役 
臼井純子(ウスイ ジュンコ)
・(株)富士通総研 取締役
相談役 
森山正夫(モリヤマ マサオ)
・川口町 田麦山自然塾 塾長
  copyrights : yorimichi institute 2010 All Right Reserved.